読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四月は君の嘘の感想ブログ※ネタバレ注意~名言にも注目!

四月は君の嘘の感想ブログです。ネタバレ要素があるので注意してください!ココロが動かされた名言なども紹介しています。原作漫画だけでなく、アニメ、映画も人気の名作の魅力をお伝えします!

四月は君の嘘の5巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|公生が紘子に師事!

 

「四月は君の嘘」の第5巻のあらすじと感想の記事です。

 

いよいよ有馬公生がコンクールに再登場!

あの天才少年の出現にどよめく会場。

 

しかし、公生の演奏は少しずついつもの「発作」が現れてきます…。

 

そんな第5巻のあらすじ、早速見ていきましょう!

 

公生は誰のために弾く?

公生の演奏がついに始まりました。

 

最初は特別変な演奏でもありませんでしたが、徐々にまた音が聞こえなくなってしまいます。

そして、次第にテンポがずれていきます。

 

そんな公生の頭に浮かんでいるのは、

  • 母親に投げてしまったひどい言葉。
  • 支配された縛られた音楽。

でした。

 

そして、公生のココロの中はネガティブな感情に支配されてしまいます。。。

  • 「コンクールに出ただけで変われるなんて虫が良すぎた」
  • 「結局ボクはボクなんだ…。」
  • 「もうやめちゃおうかな…。」

 

このような思いが脳内を占め、ついには演奏を中断してしまいます。

 

そして当然ながら会場はどよめきます。

 

演奏を途中でやめてしまった公生に対して憤りを感じる武士。

続けて欲しいと願う絵見やかをり。

それぞれの思いが描かれます。

 

そんな中公生は「あ~、やっちまったなぁ~」と思いつつも、ふと「なんで自分は弾いているのだろう?」と自問します。

 

その疑問を掘り下げていくと、

  • 「どうして自分は今演奏しているのか?」
  • 「誰のために演奏しているのか?」

という問いに変わりました。

 

そして公生の頭に浮かんだのはかをりでした。

 

第一印象は最悪。

自分の友人に思いを馳せる女の子。

めちゃくちゃなところもある。

 

でも、自分が今演奏しているのは、かをりのためだ。

かをりのために演奏したい!

 

その思いが高まり、再び鍵盤に指をのせ演奏を再開します。

 

会場は最初「一度中断したのだから…」と冷めた雰囲気でしたが、次第に公生の演奏に引きこまれます。

これこそが絵見が幼少期に感動させられた演奏だったのです!

 

そして、絵見だけでなく会場のみんなが完全に惹きこまれた公生の演奏は終了しました。

 

「中断したから失格なんだろうな」と思いつつも公生の表情には笑顔がありました。。。

その演奏が誰かに届いたかもしれないと思ったからです。

 

瀬戸紘子に師事?!

さて、コンクールが終わった後、公生の前に現れたのは公生の母―有馬早希―の友人であり、小さいころから公生のことを知っている瀬戸紘子でした。

なお、瀬戸紘子は日本でも指折りのピアニストとして知られています。

 

なお、紘子は小さいころから公生を知っているということもあり、やたらと公生のことをからかいます。笑

また、幼少期から知っており、公生がピアノを弾かなくなったことも知っていたので、今回の出来事はとてもうれしく感じているようです。

 

紘子は公生と軽い話をしてからその場を去るのですが、その翌朝再び公生の家を尋ねます。(電話をかけたのに全然反応がないことを心配したとのこと。)

 

で、そこで公生が自分の演奏に「悔いが残っていること」、「もっとうまくなりたい」と思い始めたことを知ります。

 

そして、公生からお願いされて瀬戸紘子は公生にピアノを教えることになりました…。

感想

第5巻では、公生が「変わってきた」様子が描かれています。

演奏後の武士とのやり取りの公生のすっきりした感じはとっても良かったです!

 

そして、自分の演奏がめちゃくちゃであることを知り、それを受け入れ、乗り越えようと努力をし始める姿(夜通しピアノを弾いていたこと、紘子への師事を決めたこと)などにウキウキしてきました。

 

そんな公生の次の舞台は、かをりとともに誘われたコンサートでした。

ただ、かをりの様子がどこか少しおかしい様子です…。

 

実はストーリーが展開していく中で、ところどころその描写はあったのですが…。

そのあたりの詳細は自分の目で確かめてください!

「四月は君の嘘」はこちら。 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めますよ。

 

四月は君の嘘の4巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|相座武士と井川絵見の公生への執着。

 

「月は君の嘘」の第4巻。

 

相座武士と井川絵見が登場し、公生の過去が次第に分かってきます…。

というわけで、早速あらすじを見ていきましょう~。(ちょいネタバレ要素あります!)

 

相座武士の公生への執着と成長

相座武士は、文句なしの成績で現在の有馬世代のトップの座についているライバルです。

海外からのコンクールのインビテーションを受けるほどの実力、実績があります。

 

でも、相座武士はもとからここまでの才能であったわけではありません。。。

ここまで成長させたのは、公生に対する強い思いがあったからです。

 

そんな武士の順番が回ってきます。

そして、武士は他者を圧倒する演奏をします。

 

この素晴らしい演奏に、会場の聴衆は思わずうなります。

(相座武士親衛隊は黄色い声援ですが。笑)

公生も、武士の演奏を高く評価します。。。

 

井川絵見と公生へのライバル心

そして、今回のコンクールも含め、最近のコンクールも軒並み1位の武士。

その一方で、絵見は最近あまりコンクールでの成績がぱっとしていません。。。

 

しかし、絵見を指導している落合先生はその真意を知っていました。

 

実は、絵見はとっても繊細なんです。

  • コンクールの衣装のサイズ感。
  • 近所のちょっとした出来事。
  • 天気。

こうしたことにまで左右されてしまうような子なのです。

 

でも、小学生時代には武士や公生と一緒に上位を総なめにしていたほどであり、そのポテンシャルの高さは、武士をも上回ると落合先生は捉えているほどです。

 

そんな絵見が公生に執着しているのは、たまたま見た公生の初演奏に心を動かされ、思わず大泣きしてしまったほどです。

 

そう、絵見は公生が「ヒューマンメトロノーム」とか「コンクールマシン」などと揶揄されるようになる以前の本来の公生の演奏を知っていたのです。

 

だからこそ、コンクールに勝てる演奏にこだわるようになった公生、ピアノから離れていた公生に対してずっとこだわっていたというわけです。

 

そんな絵見の演奏も聴衆のココロを鷲掴みにする圧巻のものでした…!

 

そして演奏後公生を見つけた絵見は「自分は自分の演奏をしたぞ!」と言わんばかりに公生に迫ります。。。

 

そんなこんなで、いよいよ公生の出番が近づいてきました…。

 

公生が選んだ曲は、以前の公生とは違う選曲でした。

それまでのような選曲でなくなった理由とはどうなのでしょうか…?

「四月は君の嘘」の4巻の感想

色々と公生の過去について明らかになってきた第4巻でした!

 

分析なんかしちゃうと興ざめしちゃうかもしれませんが、

  • 有馬を追っかけてコンクールの賞を総なめにしている武士。
  • 公生も知らない公生の魅力的な演奏を望んでいるポテンシャル最高レベルの絵見。

というキャラ配役がすごい効いてますよね!

ライバルとの関係性がワクワク感をさらに盛り上げてくれます!

 

その一方で第4巻の後半部分は、有馬公生がメトロノームマシンと化した暗い過去も徐々に明らかになってきて話がさらに膨らんできました!

 

そして、公生が自分の弾く音が聞こえなくなった直接的な原因が明らかに…!?

ぜひ原作漫画でその辺は確認してみてください!

「四月は君の嘘」はこちら。 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めますよ。

四月は君の嘘の3巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|名言も登場!

さて、「四月は君の嘘」の第2巻のラストでは、かをりが公生に、退院見舞いのプレゼントとしてコンクールの出場を要求するところで終わりました。

 

また、椿が憧れていた野球部の1個上の先輩の斎藤の登場など、恋愛模様も動きつつありましたね。

 

第3巻はそのあたりがさらなる展開を見せていきます。

 

かをりが応募したのは、全国規模のコンクール!?

かをりが公生に対し、退院見舞いとしてお願いしたのは全国規模のコンクールへの出場でした。

成果によっては、海外進出の可能性もあるような大規模なコンクールです。

 

でも、公生は未だに本調子にはほど遠い状況です。

しかも、かをりが名言の引用とともに求めた「君はこの曲をどう弾きたいか。」という問いに、もがき苦しむことになります。。。

 

(ちなみに、その名言はこちら。)

  • スヌーピー…「海図なき海を帆走するには勇気がいる。」
  • アルトゥール・ルービンシュタイン…「あなたの指が鍵に触れる前にその曲をどう弾くか、ココロの中で考えなければならない。」

 

何のために弾きたいのか?

誰のために弾きたいのか?

 

これが分からないまま少しずつコンクールが近づいてきます…。

 

かをりと公生の距離が近づく…。

公生は必死に頑張ります。

 

そして、椿は公生が苦しんでまで壁を乗り越えようとする姿に目を背けたくなっており、かをりに対して「公生を苦しめないで」と訴えます…。

 

椿は、その一方で、少しずつ縮まっていく、かをりと公生の距離感や、自分が置いてけぼりになっているような気がしてもいました。

 

さて、そんなかをりはというと、公生が苦しんでいることを理解していながら知らないふりをしてピアノに復帰させようとする自分の身勝手さを公生に謝ります。

 

でも、公生は実は充実感を感じていました。

そして、モノトーンだった世界が、かをりのおかげでカラフルになってきたことを感謝します。

椿の公生への思い。

さて場面は変わり、いよいよ部活動の大会がスタートします。

 

自チームが負けている展開。

打順が椿に回ってきました。

 

椿は、もやもやしていた思いを抱いていました。

それは、公生への思いです。

 

そして、公生が応援に来ていることに気付き、気持ちが晴れやかになったのも束の間、かをりもその場にいることに気付き、一気にネガティブな気持ちになってしまいます…。

 

「心ここにあらず」の状態になってしまった椿は、その場面で思い通りのプレーができずに負けてしまいました。

 

落ち込んで歩いていた帰り道。

待っていたのは公生でした。

誰にも気づかれなかった怪我を公生は見破っていて、椿を背負って一緒に帰るのでした。

 

そして、この帰り道、公生とかをりを言葉を超える音楽が結ぼうとも、自分たち(公生と椿)には、言葉を超える時間の流れがあると思う椿でした…。

 

そして話は、相座武士と井川絵見というかつてのライバルが登場し始めるのでした…。

感想

それぞれの思いが表立って現れ始めましたね…。

とりあえず斎藤先輩はちょっと可愛そうです。笑

 

そしてついに好敵手(ライバル)キャラが登場しました!

ここから、天才と呼ばれた公生の過去がまた明らかになっていきます…! 

 

公生とライバル達との絡みを読んでみる? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めます。

四月は君の嘘の2巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|有馬公生が復活?

 

 

譜面の指示通り弾け!

完璧に!

作曲家の意図を読み取って!

もたつくな!

全ては譜面に書いてある!

 

有馬公生の母親である有馬早希(ありまさき)が公生を指導しています…。

こんな母親を周囲は批判するのですが、それに対して公生は「母親を理解していない」と感じます…。

 

さて、そんな厳格な母親が回想されたのは、まさに自由奔放と言うのがピッタリなかをりとの伴奏が決まったからでしょうか。。。

 

かをりのコンクール2次予選に参加

前回の記事はこちら。

kimiuso-4gatu.hatenablog.com

 

かをりのコンクールの誘いを無視して屋上にいた公生を説得し(無理やり?笑)、椿と渡に自転車の後ろに乗って4人でコンクール会場へ向かっていたところでした。。。

 

そしてコンクール会場に付き、自分の出番が回ってくるまでの間に、公生は必死に「しなきゃいけないこと」をしようとします。

 

「あれもしなきゃ。これもしなきゃ。」

 

そんな義務的な心理に囚われたまま、いよいよかをりの順番が回ってきました。。。

 

「ピアノの音が聞こえない…。」

かをりとともに出てきた公生に、会場はざわつきます。

 

やはり公生は、「公生のことを知らない人はいないレベル」の天才ピアニストというわけですね。

 

さて、そんな中、演奏がスタートします。

テクニック的にも問題ない曲であることもあり、序盤はしっかりと一音も外さずに弾きます。

 

しかし、徐々に自分の音が聞こえなくなるいつもの状態に入ってしまいます。。。

 

だんだんずれていく伴奏。

明らかにかをりの演奏の邪魔になってしまっています。

そして、「邪魔をしないため」と思い、公生は自分を伴奏をやめてしまいます。

 

会場の雰囲気も「邪魔するくらいなら弾かない方が良い」という雰囲気に…。

しかし、かをりも演奏をやめてしまいます…。

 

その後、かをりは気持ちを整理します。

そして、「旅に出よう」という決意のもと、再び演奏を始めます。

ただ、一度やめてしまった演奏に会場からの目線は冷たいです…。

有馬公生、復活の兆し?!

かをりの演奏に覚悟を決めて再度引き始めた公生。

でも、まだ2人の演奏はバラバラです。

 

集中

集中

集中

 

公生はひたすら集中力を高めます。

 

そんな中、公生は母親の指導を思い出します。

そして、再び「本来の有馬公生の演奏」の片鱗を覗かせます。

 

決して、伴奏者とし評価できる演奏ではありません。

でも、かをりと公生の演奏に会場は引き込まれます。。。

そして、演奏が終わり、会場からはたくさんの歓声が上がります!

 

そして、公生は新たな自分の第一歩を踏み出し始めます…。

感想

ついに公生の復活の兆しのような描写があり、とってもワクワクを感じました!

また、公生の母親がいかに公生の中で重要な存在なのであるのかということが少しずつ見え始めてきましたね。

 

でも、その一方で、かをりが演奏終了後に倒れる描写があり、次の展開が非常に気になるところです…。

 

公生の音楽に対する原点が見え隠れするのですが、その描写がめっちゃ大事なキーのように感じられるので、ぜひ原作や映画でチェックしてみてください!

 

「四月は君の嘘」、読んでみる? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めますよ。

四月は君の嘘のあらすじ※ネタバレ注意!|無料試し読みを読んでみた!

満開の桜の下、ピアニストの少年とヴァイオリニストの少女が出会い豊かな音楽と共に青春を駆け抜けてゆく。

 

新川直司先生・作「四月は君の嘘」は、人生の中で最も輝く中学生時代を素晴らしい音楽に生きた少年少女の物語です。

 

そのタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか…?

 

先に無料の試し読みをしたいあなたはまんが王国を確認してください!

「君嘘」、読んでみる? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めます。

 

ちなみに、私が記事を書いた時点では、まるまる1巻を無料で試し読みできました。

ですので、早めにチェックした方がいいかもしれません!

 

天才少年ピアニスト、有馬公生

主人公・有馬公生(ありまこうせい)は、14歳。

 

3年前まで彼は天才少年ピアニストと呼ばれ、数々のコンクールに出場しては優勝していました。

その正確な演奏から「ヒューマンメトロノーム」ともてはやされ将来を嘱望されていたのです。

 

小さい頃から母親の厳しい指導を受けてきた公生。

母親は自分の夢を子どもに託すタイプの親だったのですね…。

 

母を喜ばせたい一心で、泣きながらも毎日何時間もの練習を積んできました。

しかし、いよいよヨーロッパのコンクール出場目前だった11歳のときその母親が亡くなってしまいます。

そして、母の死をきっかけに自分の弾くピアノの音だけがなぜか聴こえなくなってしまった公生。。。

 

ピアノから遠ざかってしまった彼には、世界がモノトーンのように感じられているのでした。

 

カラフルな世界へ~宮園かをりとの出会い~

ピアノの演奏からは遠ざかってしまったものの、譜面おこしのバイトをしたり仲のよい友人たちとつるんだりと、普通の中学生としての毎日を送っている公生。

 

部活に打ち込む幼馴染の澤部椿や、サッカー部で女の子にモテモテの渡亮太などまわりの友人たちは青春を謳歌しキラキラしています。

 

きっと世界がカラフルに見えているんでしょう。

 

それに比べて自分は色のない世界に住んでいる。

モノトーンの世界。譜面のように。鍵盤のように。

 

そんなある日、公生は椿からの紹介で同い年の宮園かをりと知り合います。

かをりは亮太のことが好きとのことで、椿に仲をとりもってもらっていたのでした。

 

かをりはコンクールに出場するほどのヴァイオリニストです。

とっても個性的で、他を圧倒するようなその演奏を聴いたとき、公生は自分が手放しかけていた音楽への情熱を思い出したような気がしたのでした。

 

かをりは自分の思ったことをハッキリ口にするタイプ。

正直、最初はあまり良い印象ではありませんでした。。。(いや、ファッションコンタクは失敗でしたが、印象自体は悪く無いですかね…!?)

 

でも、公生は、自分が彼女に少しずつ惹かれていくのを感じていました。

それと同時に自分のまわりの景色が、モノトーンからカラフルへと変化していることにも公生は気づいていたのです。

 

君の嘘~それぞれの思い~

かをりに惹かれている自分を意識しながらも、かをりが好きなのは親友の亮太だと思い、自分の気持ちを抑える公生。

 

またそんな公生の気持ちに密かに気づいている椿も、これまた公生への想いを自分の中に押し込めていました。

 

自分が想う人は自分とは違う人を想っている・・。

青春の恋は思い通りにはならないものですね。

 

でも、公生を再び音楽の世界に戻したいという願いは、かをりも椿も同じでした。

 

「私の伴奏をしてください。私をちょっぴり支えてください。」

 

泣きながら必死に頼むかをりの姿に、公生はとうとうもう一度ピアノを弾く決心をするのでした。。。

 

タイトルの「君の嘘」に張られている伏線

実は、タイトルの「君の嘘」というのは、かをりがついた「ある嘘」のことを指しているのです。

一体、かをりはどんな嘘をついていたのでしょうか?

その嘘によって公生たちの仲はどう進展していくのか?

そして公生のピアニストとしての道は再度開かれるのでしょうか?

 

嘘の真相が語られるとき、熱い感動が読者を包み込みます。。。

 

まさに王道のストーリー。

でも、どこにでもあるような凡庸なお話ではありません。

 

広瀬すずちゃんや山崎賢人さんがキャストに配役された映画版「君嘘」も良いですが、原作漫画のオリジナルも楽しんで欲しいですね!

「君嘘」でキュンキュンしちゃう? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めます。