四月は君の嘘の7巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|母とかをりのメタファー感…。

「四月は君の嘘」の第7巻のあらすじと感想の記事です。 第6巻の後半部分では、 公生の母親の早希がどうして虐待まがいとも取れるような指導をするのか。 公生は、どのようにして「母親の曲」の呪縛から解き放たれるのか。 この辺について、公生の過去や早希の本当の思いが明らかになっていきました。 子どもに自分の夢を押…