四月は君の嘘の感想ブログ※ネタバレ注意~名言にも注目!

四月は君の嘘の感想ブログです。ネタバレ要素があるので注意してください!ココロが動かされた名言なども紹介しています。原作漫画だけでなく、アニメ、映画も人気の名作の魅力をお伝えします!

四月は君の嘘のあらすじ※ネタバレ注意!|無料試し読みを読んでみた!

満開の桜の下、ピアニストの少年とヴァイオリニストの少女が出会い豊かな音楽と共に青春を駆け抜けてゆく。

 

新川直司先生・作「四月は君の嘘」は、人生の中で最も輝く中学生時代を素晴らしい音楽に生きた少年少女の物語です。

 

そのタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか…?

 

先に無料の試し読みをしたいあなたはまんが王国を確認してください!

「君嘘」、読んでみる? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めます。

 

ちなみに、私が記事を書いた時点では、まるまる1巻を無料で試し読みできました。

ですので、早めにチェックした方がいいかもしれません!

 

天才少年ピアニスト、有馬公生

主人公・有馬公生(ありまこうせい)は、14歳。

 

3年前まで彼は天才少年ピアニストと呼ばれ、数々のコンクールに出場しては優勝していました。

その正確な演奏から「ヒューマンメトロノーム」ともてはやされ将来を嘱望されていたのです。

 

小さい頃から母親の厳しい指導を受けてきた公生。

母親は自分の夢を子どもに託すタイプの親だったのですね…。

 

母を喜ばせたい一心で、泣きながらも毎日何時間もの練習を積んできました。

しかし、いよいよヨーロッパのコンクール出場目前だった11歳のときその母親が亡くなってしまいます。

そして、母の死をきっかけに自分の弾くピアノの音だけがなぜか聴こえなくなってしまった公生。。。

 

ピアノから遠ざかってしまった彼には、世界がモノトーンのように感じられているのでした。

 

カラフルな世界へ~宮園かをりとの出会い~

ピアノの演奏からは遠ざかってしまったものの、譜面おこしのバイトをしたり仲のよい友人たちとつるんだりと、普通の中学生としての毎日を送っている公生。

 

部活に打ち込む幼馴染の澤部椿や、サッカー部で女の子にモテモテの渡亮太などまわりの友人たちは青春を謳歌しキラキラしています。

 

きっと世界がカラフルに見えているんでしょう。

 

それに比べて自分は色のない世界に住んでいる。

モノトーンの世界。譜面のように。鍵盤のように。

 

そんなある日、公生は椿からの紹介で同い年の宮園かをりと知り合います。

かをりは亮太のことが好きとのことで、椿に仲をとりもってもらっていたのでした。

 

かをりはコンクールに出場するほどのヴァイオリニストです。

とっても個性的で、他を圧倒するようなその演奏を聴いたとき、公生は自分が手放しかけていた音楽への情熱を思い出したような気がしたのでした。

 

かをりは自分の思ったことをハッキリ口にするタイプ。

正直、最初はあまり良い印象ではありませんでした。。。(いや、ファッションコンタクは失敗でしたが、印象自体は悪く無いですかね…!?)

 

でも、公生は、自分が彼女に少しずつ惹かれていくのを感じていました。

それと同時に自分のまわりの景色が、モノトーンからカラフルへと変化していることにも公生は気づいていたのです。

 

君の嘘~それぞれの思い~

かをりに惹かれている自分を意識しながらも、かをりが好きなのは親友の亮太だと思い、自分の気持ちを抑える公生。

 

またそんな公生の気持ちに密かに気づいている椿も、これまた公生への想いを自分の中に押し込めていました。

 

自分が想う人は自分とは違う人を想っている・・。

青春の恋は思い通りにはならないものですね。

 

でも、公生を再び音楽の世界に戻したいという願いは、かをりも椿も同じでした。

 

「私の伴奏をしてください。私をちょっぴり支えてください。」

 

泣きながら必死に頼むかをりの姿に、公生はとうとうもう一度ピアノを弾く決心をするのでした。。。

 

タイトルの「君の嘘」に張られている伏線

実は、タイトルの「君の嘘」というのは、かをりがついた「ある嘘」のことを指しているのです。

一体、かをりはどんな嘘をついていたのでしょうか?

その嘘によって公生たちの仲はどう進展していくのか?

そして公生のピアニストとしての道は再度開かれるのでしょうか?

 

嘘の真相が語られるとき、熱い感動が読者を包み込みます。。。

 

まさに王道のストーリー。

でも、どこにでもあるような凡庸なお話ではありません。

 

広瀬すずちゃんや山崎賢人さんがキャストに配役された映画版「君嘘」も良いですが、原作漫画のオリジナルも楽しんで欲しいですね!

「君嘘」でキュンキュンしちゃう? 

リンク先の検索窓に「四月は君の嘘」と打ち込むと読めます。