読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四月は君の嘘の感想ブログ※ネタバレ注意~名言にも注目!

四月は君の嘘の感想ブログです。ネタバレ要素があるので注意してください!ココロが動かされた名言なども紹介しています。原作漫画だけでなく、アニメ、映画も人気の名作の魅力をお伝えします!

四月は君の嘘の映画版は批判が多い?~キャスト配役と実写化の難しさ~

 

2016年9月10日に「四月は君の嘘」の映画が公開されます。

でも、原作漫画、アニメ版と高評価だったこのアニメの実写化には批判も少なくないみたいです…。

 

というわけで、今回は「四月は君の嘘」に注目しつつ、「キャスト配役と実写化の難しさ」というテーマでお話したいと思います。

 

「そんなんどーでもいいやぁ~」という方は、あらすじと感想の記事でざっくりと「君嘘」の全体像でもご覧ください。

 

1巻から11巻(最終巻)までのあらすじと感想をまとめています。

ちなみに1巻はこちら。 

kimiuso-4gatu.hatenablog.com

 

おっと、話がそれちゃいましたね。汗

ではでは本題に入っていきましょう~!

 

「四月は君の嘘」の実写版への批判~どうして広瀬すずなの?~

「四月は君の嘘」の実写化に関してネガティブな意見の多くがコレです。

いや、正確にはキャストの配役と設定との不一致といった方が良いですね。

 

当然ながら、広瀬すずちゃんには何の落ち度もありません。

ただ、原作漫画のファンの多くは設定を変更してまで、広瀬すずちゃん(或いは山崎賢人くん)を起用することが納得できないようです。

 

下のPVのサムネイル画像を見ると、山崎賢人くんはいい感じに「有馬公生」感が出てるような気もします。

 

でも、広瀬すずちゃんは宮園かをりっぽくはないですね…。

 

やっぱり、有村架純ちゃんがビリギャルで演じたように、金髪ロングで寄せていたらもう少し宮園かをりっぽさはあったのかもしれませんが…。

 

とは言え、広瀬すずちゃんは、ティーン世代を含め幅広い層から人気なので、「数字が見込める」という事情もあるのでしょう。

それが広瀬すずちゃん起用の最大の理由かなと思っています。

 

「君嘘は良い作品だから、実写化でこけたらマズイ」→「数字が取れそうな役者さんをキャスティングしなきゃ」→「広瀬すずちゃんにしよう」という感じかなぁと思っています。

 

これに加えて、

  • 中3設定→高2設定
  • 金髪→茶髪
  • 全11巻のボリューム→121分

などの無理な設定変更も、ネガティブな印象を持っている人の原因なのでしょう。

 

とは言え、

  • 演技のレベル
  • 人気
  • 採算性

などの現実問題を考えたら、このようなキャスト振りは妥当なのかもしれません。

 

しかし、もしもこれが成功してドラマ化が決定するというような事態になっても、中学生であの世界観を表現できる女優さん、俳優さんはなかなかいないでしょうから、やはり実写化そのものがかなりチャレンジなのでしょうね…。

 

というわけで、今回は批判が気になったのでよく目にした声をまとめてみました!

 

↓個人的に好きな回―第7巻―を紹介。笑

kimiuso-4gatu.hatenablog.com